10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ココナッツオイルの効能で、認知症・歯周病も予防!

2015.05.18 (Mon)

6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_s.jpg

最近騒がれているココナッツオイル。
若者の美容かと思いきや、健康番組にも取り上げられるほど。
認知症にも効果があるとわかっても、正しい摂(と)り方がわからない。
若くても人ごとじゃない病気たち。
正しく知るために、ピンポイントで解説いたします!

なぜ認知症に効果があるの?

まずはしくみをしっかり知りましょう。
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が、ケトン体の材料になります。
通常、脳に行く栄養は「ブドウ糖」なのですが、脂肪が肝臓で分解されて作られる「ケトン体」は、さらに優秀。
認知症(アルツハイマー型痴呆症)は脳に正しくブドウ糖が吸収されにくくなって起こる病気だという研究結果があります。脳の栄養が不足し、細胞が死んでいってしまうのです。
ブドウ糖ではない物で脳に栄養を送らなくてはいけない場合、ケトン体が実に重要なわけですね。
実際に認知機能が上がった報告もあり、パーキンソン症状、精神安定にも効果が見られます。

おすすめの摂取方法

この記事を参考にされたい方は、ココナッツの風味に慣れていない年代の方かもしれないですね。
直接スプーンから食べるというのは、毎日続けることが辛くなるかもしれません。
理想の摂取量は1日大さじ2~3杯(約45g)です。
Sサイズの玉子くらい、と例えると量がわかりやすいかと思います。
かなりの量ですよね・・・そこで2つの提案です

コーヒーにいれることをオススメいたします。

認知症に関係するココナッツオイルの有効成分、中鎖脂肪酸による栄養は熱では壊れません。
飲み物なら何でも良いのですが、クセのある味のため煎茶などには合わないでしょう。
なぜコーヒーなのか、飲み物なのか、オススメする理由があります。
コーヒーだからではなく、「摂取する時間」です。
料理に使っても熱では壊れないわけですから、大丈夫かと思われますよね。
実は、食事によってあがる血糖が関係するのです。
食べることによってインスリンが出、肝臓に送られます。
そのインスリンは、何と、大事なケトン体の生産を「邪魔」してしまうのです。
ですから食後3時間程度たってから、飲み物で摂取します。
パンにバターがわりに塗る、というのもココナッツオイルの定番のように聞こえてきますが、脳のためには別の方法にしたほうが良いでしょう。

もう1つの健康的な技

飲み物でとっても、大さじ2杯のオイルはなかなか取れないかと思います。
オススメするのは「マヨネーズ」です。
マヨネーズの材料は油と卵と酢。
この油をココナッツオイルにするのです。
「卵のコレステロールは気にするほどではない」ということは広まってきています。
さらにココナッツオイルのコレステロールは善玉コレステロール
健康的なマヨネーズと言っても良いでしょう。
材料はココナッツオイル2カップ(400cc)に卵黄1個
酢(できるなら果実系、りんご酢・レモン汁など)小さじ3と塩小さじ2分の1。
レモン汁も生のもので、塩も天然塩だとさらに良いでしょう。
味見をしながら作り、お好みでマスタードなど混ぜても美味しいかと思います。
家族で食べたいココナッツオイルマヨネーズのできあがりです。
ダイエット効果もあるマヨネーズなんて、若い女子でも食べたいですよね)
ただし、25℃以下で固形になってしまうオイルです。
使う前には、必要な分だけ常温で柔らかくしておきましょう。
冷たい生野菜などにかける場合、若干固まりますが、体温で溶(と)けるので口に入っても違和感はないと思います。

歯周病にも効果があるの?

はい。
ですがこの場合、食べません。
元々アーユルヴューダトリートメント(オイルマッサージ)のひとつで、オイルプリングという技です。
プリングは英語で、Pulling、引っ張るという意味です。
ココナッツオイルを使って、口の中の粘膜、歯茎(はぐき)を「引っ張り」健康な状態にします。
ラウリン酸という成分が作用するので他のオイルではダメなのです。
ティースプーン1杯のオイルを口に含み、20分程度行きわたらせ、最後は吐き出します。
これを続けるだけで歯茎が丈夫になっていくのです。
(通常歯茎は一旦弱ると、なかなか回復しません。有効な成分はコラーゲンです)
母乳とココナッツオイルにしか入っていない「ラウリン酸」です。
赤ちゃんがぷるぷると張りがあるように、歯ぐきにも栄養が行くのです。
充分時間をおいたなら歯磨きをしてもかまいません。
油分が気になるようなら白湯を飲むと良いでしょう。

毎日続けたいほど、気になる病気の2つですよね。
ただオーガニック商品は、高いというイメージがあるかもしれません。
もちろん決して安価とは言えませんが、健康にはかえられません。
バージンオイルのような良い精製のものではなくても大丈夫です。
私がおススメするのは「タイ原産」のもの。
中でもかなり安価です。
特に、有機食品ブラウンシュガーファースト社のものは、個人的にオススメしたい価格。
「エキストラバージン」ココナッツオイル、という最高精製のものでも、他社の通常精製のものとさほど価格が変わりません。
400g超で、2000円を切っております。
このくらいの価格なら続けられそうですよね。
(アフィリや広告ではなく、純粋におススメしています)
他社でもタイ原産は安価です。

いかがでしたか?
インスリンに邪魔されないタイミングで取る。
量は1日大さじ2~3(最初は少量から、徐々に増やしてください)
認知症「予防」のためにも、是非1度手にしてほしいです。
小袋でも販売されていますので、続けられそうな味かどうか試してみても良いかもしれません。


有機食品ブラウンシュガーファースト
http://bs1st.com/

*******************
ココナッツオイルに関しての質問はコメント欄にて受けております。
(かなり記事数書いておりますが、専門家ではありません)

文章のお仕事お受けします
chishimasakura@yahoo.co.jp
今日は良いことをしたら、良いことがあった。
スポンサーサイト

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ

23:24  |  美容・健康記事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ranunculus946.blog.fc2.com/tb.php/5-40a9a7a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。